アルギニンとシトルリンの違いや関係について

アルギニンとシトルリンの作用に違いがあるの?

アルギニンとシトルリンは、それぞれ精力増強などに効果的な成分として知られています。
しかし両者の違いや関係性などについて把握出来ている方は少なく、多くの場合は大体同じ物として認識されています。

アルギニンは体内で作られるものの、不足しやすい

アルギニンは、準必須アミノ酸と呼ばれていて、体内で合成する事が可能です。
その生成量は不足しやすく、外部から摂取する必要があります。

 

そもそもアミノ酸は人体の元になっているものです。
体の調子を整えたり健康的な生活を送る為には欠かせない要素になります。

 

そして、アミノ酸は必須アミノ酸と、非必須アミノ酸に分かれています。
体内で合成できる物が非必須アミノ酸、合成できないものが必須アミノ酸になります。

 

アルギニンは合成できるが不足しやすい事から準必須アミノ酸と呼ばれていて、基本的には食事などで補う必要があります。
シトルリンの方は特殊なアミノ酸になっていて、遊離アミノ酸と呼ばれています。

アルギニンとシトルリンは相互に作用しあう成分

アルギニンとシトルリンの作用に違いがあるの?

アルギニンなどのアミノ酸は人体の元になります。
しかし遊離アミノ酸は体の元にはなりません。

 

主に体調を整える働きがありますのでこのような名前がついています。
また、体内でお互いに再変換されます。

 

そのため、摂取しやすいシトルリンの方を意識的に摂取した方が効率的とされています。

シトルリンは体に吸収されやすい

シトルリンはアルギニンと違って腸で吸収されやすい事が理由です。
体内にシトルリンが増加すると、効率的にアルギニンを吸収できることになります。

 

なお同時に摂取する事で相乗効果が得られます。
十分なアルギニンを摂取できる場合には同時に体内に摂りいれた方が良いとされています。

 

ただし、摂取量には注意が必要になります。
両方ともおよそ20グラム程度が一日の摂取量の目安になっています。

 

しかし急激に摂取すると体に悪影響を及ぼす可能性があります。
最初は2~3グラムから摂取し始めておく事が重要なポイントになっています。

 

そしてある程度体が慣れた所から摂取量を増やしていきますが、万が一異変を感じたら医師の診察を受けましょう。

 

▼ペニス増大&精力増強に効果的なシトルリンサプリを厳選比較▼

>>シトルリンサプリの成分・効果・価格を考慮た総合ランキングはこちらから<<

《シトルリンの作用や効果について》記事一覧

精力増強や筋肉の増強に欠かせないシトルリンサプリを摂取している人は多いとされています。実はアルギニンと併用することで、さらに相乗効果が期待できることをご存知でしょうか。シトルリンは、スイカやニガウリなどに含まれるアミノ酸の一種で体内に入るとアルギニンに変化します。そのため、血管を拡張させ血流をアップする作用や一酸化窒素の産生を促進する作用が高まる効果が期待できるのです。アルギニンと同時摂取すること...